2010年09月04日

自宅でナイチンゲール(てんげるソロ)

『English Nightingale』
(Jacob van Eyck c.1590-1657)


つ…ついに載せてしまった無謀な音源その2(その1はラ・フォリア)
お師匠様の演奏に感化されて、ずーっと練習してるけど
一向に上達しない「イギリスのナイチンゲール」もうやだ〜(悲しい顔)
自宅で吹いてるので、外の音が少し入ってます。
なのでほんのちょっとエコー入れときました(^_^;)



いろんなプロの方の演奏を聴いたけど、
何度聴いても、やっぱりお師匠様のが一番いいなと思ってしまう。
あんな音が出せたら、と少しでも近づこうとするんだけど
到底届くはずもなく、ナイチンゲール失速ふらふら
ver.3では録音を意識しすぎて指とタンギングが合ってません…
これ、お師匠様が聴いたら、前にソロやった時みたいに言うんやろな。
「まだまだやな( ̄ー ̄)」ってたらーっ(汗)
posted by てんげる at 00:37| Comment(0) | Solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

2009.12.10 せいふうクリスマスコンサートより(てんげるソロ)

ブラジル大衆音楽より『ヴィットリオ広場』
(Celso Machado)


昨年のものになりますが、ヘンリーに「UPしたら?」と言われたのでしましたあせあせ(飛び散る汗)
老人介護施設で演奏させて頂いた時のものなので、声や雑音がちょっと入ってます。デュオやソロ9曲やった中で、比較的ミスの少なかった1曲ふらふら

てんげる、ボサノヴァ初挑戦。ちょっとテンポ速いな〜。
この曲集大好きなんです。オリジナルはフルートとギター。
きょーせいさんのギターがなければ出来ません。つーか主役はもぉギターですねたらーっ(汗)
posted by てんげる at 03:13| Comment(0) | Solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

2010.2.21 練習時の録音(MuZoo)

『四季の歌(失敗たらーっ(汗))』

改めて聴くと面白かったのでUPあせあせ(飛び散る汗)
「うたえリコーダー」という楽譜を使って
ソプラノ・アルト・テナーで吹いてます。
歌の通り4番まであるんだけど、
3番ではテナーがメロディになり、ぐっと落ち着いた雰囲気に。
そして4番で転調して一気に盛り上がっていたので、
それを意識して吹いてみようて事になった。

まぁまぁ思った通りに吹けてる。なのに…
最初からりゅーとが口ずさんでるのはわかってた。
いつもの事だと誰も気に留めなかった。
そしたら。

転調したらそれまで小声で歌ってたりゅーとが
急にクレッシェンドからフォルテへふらふら

ヘンリー→エミリー→てんげるの順に落ちて演奏中断信号
ギリギリまで頑張ったけどダメだった…
posted by てんげる at 06:40| Comment(2) | MuZoo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。